TOPPAGE - 研修医の方へ - スタッフの声
  • 研修医の方へ
  • 当医局の特色
  • 研修(臨床助手コース)
  • 研修(大学院コース)
  • スタッフの声
  • 入局をお考えの方

スタッフの声

新入局員として

伊丹 寛二

私は以前から精神科に興味を持っていましたが、入局しようとまでは思っていませんでした。しかし研修医として精神科で勉強させていただいているとき、先生方がまっすぐに患者さんと向き合っている姿や精神医学のおもしろさに感動して、入局を決めました。精神科医として、いろいろな「生きづらさ」を抱えている人たちの力になりたいと思いました。

入局してから精神医学の難しさに毎日戸惑っていますが、上司の先生方に手取り足取り教えていただいています。精神医学は目に見える部分が少なくて、ただ自分でがむしゃらに努力すれば上達できるというものではないと思います。そのため、疑問に思うことは自分で調べて勉強するだけではなく、すぐ先生方に相談しています。そのようなときも、親身になって応えてくださるのでとてもありがたく感じています。私もいずれは、自分の経験を後輩に還元できるようになりたいと思っています。

東海大学精神科の入院診察は、三つのチームに分かれておこなっています。自殺企図などで救急搬送された患者さんを担当する救急チーム、もともと精神疾患を抱えている方や入院中に精神的な問題が発生した患者さんを担当する一般チーム、癌患者さんのケアを担当する緩和ケアチームです。外来診察は、児童部門と成人部門があります。幅広い分野の診察をおこなっているので、自分に合った分野を見つけられると思います。

精神科に興味がある方は、ぜひ一度見学にいらしてください。当医局はおもしろい先生方が多いので、楽しんでいただけると思います。

牧山 篤

私は東海大学で前期臨床研修を行いましたが、精神科に入局を決めたのは期限ギリギリの研修医2年目の冬でした。その時期になると周囲には入局先に迷った研修医が大量発生し、お互いの進路相談を繰り返す毎日を送っていました。他の科と最後まで迷っていた私も随分と色々な友人に相談に乗ってもらいましたが、そんな中で一番印象的だったのが「どの科で研修していても精神科に相談する機会がある」という言葉でした。

精神科と聞くと多くの方が統合失調症や発達障害などをイメージするかと思いますが、実際にはとても広範囲な症状を扱う科です。特に大学病院には様々な患者さんが来ますから、自殺企図で搬送された方や末期がんに苦しむ方もいれば、入院中に周りの音がうるさくて眠れなくなってしまった方や手術が不安で仕方ない方もいます。こうした多種多様な症例と向き合い、病棟併診という形で他科と協力していく事も当院の精神科の大切な仕事なのです。

私の入局時には私も含めて5人の後期研修医が精神科医となりました。医局はアットホームで先生方も優しく、同期が多いため安心感もありました。新米の私としては気軽に質問や相談の出来るこの環境がとても有難く、一人前の精神科医を目指し忙しくも充実した毎日を送っています。また当科は複数の精神科病院と連携体制を構築しており、医局員のほとんどが出向や外勤といった形で地域の精神医療に関わっています。入院病棟がないというのが東海大学病院精神科の特徴ですが、これは重度の精神症状を扱っていないという意味ではありません。拠点病院である当院と近隣の精神科病院群とで総括的な精神医療を提供しているからこそ、優先度に合わせた医療の分担とそれを見極める臨床力の向上に繋がっているのです。

もしあなたが研修医で進路に迷っているのであれば、是非一度見学に来てみてください。気軽な気持ちで結構です。精神科は奥が深いですが、一緒に楽しみながら学んでいきましょう。

  • 入局をお考えの方
  • ブログ
  • 東海大学医学部付属病院臨床研修部サイト